町の風景。

テーマ/ブログ

15日間にわたる大樹町生活も、いよいよ最終日。

 

…が、今日はまさかのオフ!(^^;)

土日だったら何かしら予定が入るだろうと組んだ日程だったけど、たまたま今日は何もなく…というのが、コトの真相(笑)。

ま、ここまで突っ走ってきた分もゆっくりしつつ、ちょっと町内を散策。

これまで過ごしてきた町の風景を、目に焼き付けてきました。

 

役場のある高台から望む市街地。

この道を毎日何度も通ったなぁ…。

町の中心を流れる、歴舟川

今金町の後志利別川同様、「日本一の清流」に何度も選ばれてます。

初日に砂金掘りしたよなぁ…。

この歴舟川、源流から河口まで単一の自治体だけを流れてる、この規模の川としては珍しい例なんだって。

きっと、大樹の人々にとっては原風景なんだろうな…。

 

道の駅コスモール大樹

町の真ん中にある、町のシンボル的な場所。日曜ということもあって、結構人出がありました。

やっぱり宇宙オシですが…

乳製品や海産物…大樹町産のモノもいろいろ売ってるよ♪

この道の駅、ちょっと特徴的なのがスーパーも併設されてる、ってとこ。

ここのスーパー、滞在中にはよくお世話になりました(笑)。

 

道の駅の裏手には…

大樹駅跡

ココは32年前(1987年)まで、国鉄広尾線が通ってた場所。

まだホームの形がそのまま残ってます。線路の跡はサイクリングロードみたいになってますね。役場近くの公園に、昔広尾線を走っていたSLが展示されてました。

 

その柏林(はくりん)公園

名前の通り、カシワの木がたくさん植わってる。

暑い日が続いた時期には、この木陰がオアシスみたいに見えたな~。

 

たった2週間かもしれないけど、通い慣れた場所。

外に出ると、いつもほんのり牧場の香りが漂ってた。

ちょっと町の郊外に出ると、どこまでも真っ直ぐ続く一本道。

たくさんの町の人々と出会った。

みんな笑ってくれた。

 

すべて、しっかり目に焼き付けました。

 

寂しいけれど、また何度も来る機会があるのがこのプロジェクト。

次は8月25日(日)に、イベントでまた来るからよろしくね!

 

明日の朝、大樹町を出発します。