ウトロの奥の方。

カテゴリ/斜里町

斜里町生活7日目。

今日も1日ぐずついた天気。

出演予定のイベントが順延になったんで、今日の出番は後日紹介するお店に昼前1件寄っただけ。

で、午後はゆっくり…してません(笑)。

明日出る町のマラソン大会に向けて?ガッツリ走り込んでました😁

 

さてそんな今日だけど、ネタのストックは山ほど。

ウトロ方面の話がまだまだ紹介しきれてません💦

今回の長期滞在で、僕がどーしても行っておきたい場所があったので、今回はそのお話を。

 

ウトロ自体、斜里の市街地から車で40分くらい奥まった場所にあるんだけど、知床半島にはまだまだ先があるのです。

ウトロの市街地から15分ほど進むと、こないだ紹介した知床五湖が。

しかし、道はそこで終わりじゃないんです。

そこから先、更に曲がりくねった砂利道を30分ほど進んだ場所に、もうひとつ名所が。

それが、カムイワッカ湯の滝場所が場所なんで、よほど時間に余裕がある時じゃなきゃ行けない😅

ずっと行ってみたいな~…と思ってたのが、今回やっと実現しました♪

 

このカムイワッカの滝は、その名の通りお湯が流れる滝。

いわば、流れる温泉なのです。

硫黄山という活火山に源流があって、こうなってるらしい。

川は浅いんで、限られた区間だけではあるけど中を歩けます👍

僕も長靴持参でトライ(笑)。結構滑るぞ!って脅かされてたんで(笑)、そろ~り、そろ~り…。

長靴履いてたらほぼ滑らずにイケました✌

ちなみに、観光客の皆さんはみんな裸足。

お湯は思ったほどあったかくない。

この辺で30℃くらいだって。

上流に行くほど、温度が高くなってるらしい。

前はもっと奥の方まで行けたんだけど、観光客が増えて落石や滑落の危険性が高まったんで、今は一番手前の「一の滝」までしか入れない。

昔は、もうちょっと上流の方で入浴したりも出来たらしいんですけどね。下りてく時の方が、むしろ滑りそうでコワかった😅

このカムイワッカ湯の滝へ行けるのは、5月末~10月下旬まで。

行きたくなったらお早めに!

ちなみにこの川、1kmほど下流に行くと海に流れ込みます。これが「カムイワッカの滝」。

「湯」の付く「カムイワッカ湯の滝」とは別の滝です。

 

ウトロの奥にはもうひとつ、気になってた場所が。

知床五湖に向かう途中に分岐があって、温泉とホテルの看板が立ってるんだけど、その名が「岩尾別温泉 ホテル地の涯(はて)」。

地の果てにあるホテルってどんなんだ~?

…って、通るたび気になってました。

もちろん行きましたよ(笑)。

分岐から3km以上、思ったより奥まで入った場所に…ありました!ホテル地の涯。

「果て」の割に、なかなか大きくて立派なホテルです。館内。高級感ありますね♪

肝心の温泉をのぞくと…なんかステキ。入りたくなる♪

失礼ながら、もっと年季の入った旅館風をイメージしてたけど、完全に名前に惑わされましたね🙇近くには羅臼岳の登山口があって、登山客の利用者が多いみたいですね。

日帰り入浴も可能。

ぜひプライベートで行ってみたい!

以上、ウトロの奥レポートでした!

カムイワッカ湯の滝は、動画もそのうち上げますね~😉

コメント

6 件のコメント

  • はる より:

    今夜もおつかれ様です😊
    カムイワッカの滝!回数は行ってるつもりですが、長期滞在したことがないのでどうしてもそこまで足を伸ばしたことがなくて…やはり時間がないといけない場所なんですね😅
    ちゃんと計画を立てていこう💪

  • 373y より:

    おはくまございます。カムイワッカ湯の滝を登るB☆Bさん。いつ、クマが出ても不思議ではないところで滝を登る🐻?クマ対策を呼びかける立て札とかあったような気が…。レンタルのクマよけスプレーとか…。
     ところで、岩尾別の温泉いい風情ですね。ぜひ露天風呂に入りたいです。ホテル地の涯、ハテって読むのはもしかして、さとう宗行さんの歌で「岩尾別旅情」🎶北の涯 知床の〜吹く風は冷たく〜海の波は〜🎶歌詞の涯がハテなんですよ。ユースホステルで聴いたんですが、昭和の時代ですからね、歌声喫茶とかの時代。古〜い思い出に浸って二度寝します😪。B☆Bさん、マラソン頑張ってください!

  • くま牧場長 より:

    おはよ。「ヒグマがいます。ですあなたは大丈夫?」の立て札、真面目な注意書きなのにB様と一緒に写ってるだけで笑ってしまった。ヒグマ隣にいるし。B様のユーモアのセンスやばい。このブログ覗くのが毎日の楽しみになってる。笑顔をくれるから。でもB様も車で移動するとそのうちヒグマがヒグマ渋滞になるかもしれないね(笑)。
    B様マラソン走るの?大丈夫かな。斜里町の情報まだまだたくさんほしいのに怪我とか心配だよ。明日のこのブログが「代筆ぽりぃ」になってることがありませんように…。タピオカの店紹介してたり。でもB様がラッキー7の時外野に向かって全力疾走する姿すごく印象残ったり写真集のタイトルも「RUN」だったり走るイメージ強いよね。ルーキーイヤーにB様の名を全国に轟かせたあの「トリビア」の100メートル走もね。デビュー前の印象とかで決して順風でないスタートだったB様が自分のことをもっと知ってもらおうと必死に頑張ってた姿、かっこよかったなあ。

  • こずえ より:

    懐かしい😆20数年前滝をずーっと登って温泉まで行ったよ。マジでつるつるでロープに捕まりながらやっとの思いで辿り着いたよ😅脱衣場みたいな所は無かったけど、一緒に行ったオジさん達はすっぽんぽんになって気持ちいいって言ってた。今は上まで行けないんだね😢B☆Bが色んな所に行ってブログにアップしてくれるから自分も行った気になる🎶
    いよいよ次の週末は斜里ツアーだね。楽しみにしてるよーー😉

  • くまさん より:

    カムイワッカの湯の滝!
    なつかしー!昔行きましたよ〜😆
    まだ世界遺産になる前で、一番奥の滝壺で川の温泉入ってきました♨️
    ホント上流に行けば行くほど苔で滑りましてねぇ、下りで豪快にすっ転んだのも、今ではいい思い出です(いや、痛かったっスよ、ホント、マジで…😅)
    確か、観光センターみたいなトコで、滑り止めのついた靴下売ってたんですよね。買っときゃ良かったと、ハデに後悔した記憶が…長靴、大正解です!

  • りん@ より:

    湯の滝!すごい!!
    こうやって北海道の深いところまで知ることが出来て、そしてBBの事もよくわかって、本当に嬉しいです^^*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目となります。