心のこり。と越川橋梁

テーマ/ブログ

僕が斜里町でドローンを練習してる理由は、前にココで書きました。

斜里町が将来「ドローンの聖地」と呼ばれるよう、ちょっとでもお手伝いしたい。

 

でも、ひとつ大きな心残りがあるんです…。

9月16日(祝)に、斜里で「知床ドローンフェスタ」ってのが開催されるんですね。

まさに斜里=ドローンをアピールする絶好の機会なんですが…

その時期、僕は今金に長期滞在の真っ最中。

行けない。ごめんなさい…(涙)。

3つも町を掛け持ちしてると、こういうこと起こり得るんですよね。

その代わり、斜里で撮った映像をここで紹介していきます!

映像見て、ドローンや斜里町に興味を持った方はぜひコチラをチェック!

 

斜里の市街地から山に向かって15分ほどの場所に、越川って地区があります。

周りは人家もない森の中。

そこに突如、コンクリートのアーチ橋が現れます!

こんな感じ↓下に立つと、結構な迫力。これが通称、「越川橋梁」。

ここはかつて、斜里と標津を結ぶ根北線(こんぽくせん)という国鉄の路線が通る予定でした。

しかし赤字のため、線路は手前の越川までしか完成することなく廃止。

結局、この橋は列車の通ることがなかったんです。

約50年前のはなし。

 

北海道を廻ってると、こういう昔の鉄道の遺構をあちこちで目にします。

なんか昔の姿が目に浮かぶようで、切なくなるんですよね。

結局、見たくなっちゃうんですけど(^^;)

 

僕らが普段見ることの出来るのは、↑の写真の角度のみ。

でもドローンを飛ばすと…こんな画になりました!

上空から見てみると、昔線路がこう通る予定だったんだ、ってのがちょっと分かる気が。

ちなみにドローンの操作は、一応僕がやってますけど…

周りが森でドローンがすぐ視界から消えちゃうから、名人の指示に従って操作してたのが実際のところ。

だから、「自分で撮りました!」とは大きな声で言えません(^^;)