2019年9月9日

種川氷川神社例大祭

カテゴリ/今金町

今金町の長期滞在をこの時期にしたのには、理由がありまして。

毎年、9月19日~21日の3日間、今金町最大のお祭り

「今金八幡宮例大祭(いまかね秋祭り)」

があるからなんです。

お祭りに向けて、町が少しずつ盛り上がってく様を追っていければ。

そんな想いがあります。

 

本番まではまだ10日あるけど、今日はミニ版的なお祭りがあると聞いて、ちょっと顔を出して来ました。

本町から車で10分弱くらいの所にある、種川という小さな集落。

そこにある、氷川神社のお祭りです。

本祭は明日。

今夜は宵宮、つまり神様を迎える前夜祭のようなお祭り。夕方訪れた氷川神社。夕焼けがキレイ。実りの秋。五穀豊穣を祈るお祭りですね。後ろにあるのが「山車」(だし)。

「ヤマ」とも呼ばれます。

明日の本祭では、この「豊栄山」の山車が集落のあちこちを練り歩くのです。子ども達がボチボチ集まり始めたので、ちょっとだけふれ合い。

 

宵宮が始まりました!

地域の子ども達による、太鼓と踊りの奉納。ちなみにこの男の子(小3)が踊ってたのは「黒田節」。

選曲がシブすぎる!祭りが進むにつれ、結構な人出。

たぶんみんな地元の方々ですよね。

 

僕は夜9時くらいになって、シメの餅まきに再登場。つい1時間くらい前まで出てました(笑)。

 

お祭り見てたら、「君の名は。」とか思い出しちゃったかな。

令和の時代になっても、こういう日本の神事が脈々と受け継がれてる。

そして、それをスマホで撮影してる人たち。

そのギャップがまた面白い(^^)。

日本人…じゃなくて、日本くまで良かったな、って改めて思った1日でした!